So-net無料ブログ作成
-| 2013年02月 |2013年03月 ブログトップ

TOEIC ヒアリング対策について

ヒアリングは結局聞けないとわからない。
当たり前ですけど。。。。

でもヒアリングに関しては、TOEIC対策だけでは、あまり意味がなく。

NHKラジオ講座などいろんな教材を聞いて、リスニング力をUPさせるのが
よいのかも。

TOEICのPart1どんだけ問題集といたとしても、それほど力はつかないような気がする。
なにせ一文が非常に短いから。

最近、英語が英語のままでわかるという感覚が理解できるようになった。
すべてではないが、頭の中で 英語 ⇒ 日本語 の作業がなく
理解できたときは、なんだか気持ちいい。

Part2 の場合 冒頭を聞きのがしたとおもっても、聞き終わったあとに
分の全体が分かるといった感覚も最近たまに感じる。

すこしずつだけど、進歩しているんだなという感覚が
勉強をつづけるモチベーションンになる。

TOEIC 文法対策 Part5.6 について

個人的な感想を言うと、勉強しないと点が取れないのは、Part5とPart6。
とくにPart5については、英語を聞いたり読んだりしただけでは、点数に直結しない。

しかも、問題数も多く、このパートで時間を使うと、Part7の時間もなくなるので、
やはり、Part5 攻略が重要。

問題集としては、これがおすすめ、解説が非常に詳しく。あいまいな文法知識を固めることができる。


1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

  • 作者: 花田 徹也
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: 新書




新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

  • 作者: 花田徹也
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/17
  • メディア: 単行本



まずはこの2冊を徹底的にやる必要があります。

まだまだ繰り返しが足りないので、もっと over study します。

NHKラジオ講座の活用

英語の勉強でまず思いつくのは、NHKラジオ講座。

学生のとき、特に中学の時は、基礎英語を聞いて、相当役に立った。
いまでも英語を勉強しているのは、それで英語が得意になったからだと思う。

時は流れあれから、20数年。

時代は変わったもので、あのラジオ講座が、今では、ネットでストリーミングで聞ける。

NHKラジオ講座すべててです。(ラジオ英会話に始まり、ビジネス英語まで)

ただ、それでも掲載は1週間、(先週の放送)なので
PCの前で聞かなければいけない。(iphoneでは聞けない)

そこで、「CaptureStream」の登場
このソフトは、HPのストリーミングファイルを解析し、一括してPCにダウンロードができる。

なので、最近のルーティーンは、

月曜日に一括ダウンロード
Googleドライブフォルダに保存
そのフォルダを、アイフォンのgoodReadorでアイフォンにダウンロードする。

そして、火曜日から金曜日までの通勤時 往きも帰りも

これをひたすら聞き続ける、電車のなかで、マスクの下でシャドーイングをする。

というのが、最近のスタイル。

TOEICの勉強は、飽きてしまうので、
その点、NHKラジオ講座は、飽きずにつづけられ非常にためになる。

これは、 higly reccomended です。

英語の勉強を本気で始めたわけ

昨年のちょうど今頃、突然会社から、海外赴任の話がでた。晴天の霹靂とはまさにこのことで、正直とまどったが、またとない機会なので、すぐ返事をした。
しかし、その話は、実現には至らなかった。
だが、今年の7月に本社には異動となり、主に海外のプロジェクトを担当することに、国際部も兼務発令となり、今に至る。

国際部兼務との肩書で、海外プロジェクトを担当するが、英語力がついていかない。なんども挫折しそうになりながらもなんとか、2012年12月のTOEICで845点。

しかし、業務での英語では苦労ばかり、さらなる前進をめざし日々格闘中。

日頃の勉強から得たことや、思いをつづり、無事、900点を突破します。

-|2013年02月 |2013年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。